2021年01月11日

18年ぶりの全国へのチャレンジはベスト8で終戦…
リーグ戦最終節から年始跨ぎでの2020シーズンの活動は本日をもって終了となりました。 

まずはコロナ禍において大学サッカー開催に尽力を頂きました協賛企業の皆さま,大学連盟の皆さま,学生幹事の皆さま,全ての大会開催に際し設営〜運営に全面協力をして頂いた流通経済大学スタッフ&選手の皆さま, 2020シーズン,大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。
また,TV観戦やSNSで応援してくれた皆さま,本当にありがとうございました。


応援してくれた方々や気にしてくれている方々は,ここ数年の結果を含め「良く頑張りました」と言ってくれることでしょう。
中にいる我々も同じでしょうか?今日の負け方は納得出来るものですか?

考えれば考えるほど悔しい…

言い続けた『心』の弱さを大舞台で露呈してしまいました。外的要素に揺さぶられてしまいました。
これを克服しなければ,どんなに技術が上がっても…フィジカルが上がっても…結果にはつながらないことでしょう。
高い目標を達成するために…結果を出すために…引き続き,スタッフは高く厳しい要求をすることでしょう。 『強い心』を育むために中にいる選手同士が”厳しい選択”や”高い要求”を求め合うことが必要だと考えています。

大舞台での今日の敗戦を受け,同じようなことを各々が感じてくれていれば有意義な時間であったと言えることでしょう。
しかしながら,感情的になって聞く耳を持たなかったり…視野が狭くなっていたり…しているのであれば成長はない。一度立ち止まり冷静に振り返ってみよう。

次にグラウンドで会う時は2021シーズンのスタートです。
ピッチ内で体感した者,ピッチ外で体感した者,TV観戦にて体感した者,
今日の敗戦をしっかりと受け止めて,それぞれが強い覚悟を持って集結しましょう。  

(20:55)

2021年01月06日

遅ればせながら…
明けましておめでとうございます 。
今シーズンも宜しくお願い申し上げます。

予想通りと言うべきか…ようやくと言うべきか…
新年早々『緊急事態宣言』発令となりそうです。
引き続き,手洗い・うがい・消毒…コロナ対策&コンディション維持に努めてください。

そんな中,チームは明日から新たなチャレンジが始まります
 今までの積み上げが全国でどれだけ通用するか?そして何が足りないのか??
成長出来るチャンスを逃さないよう残されたメンバーで戦って来ます。
チームの立ち位置を変えるために…

この大会は,2020のチームとして一つでも多く勝ち違う景色を見ること。
そして,違う景色を見たメンバーがより一層の高い志を持って,2021の新チームを牽引すること。
この2つの要素が詰まった大会です。
より長く…より上を目指して,チャレンジして来ます。

TVの前でチームへの想いを…勝利の念を…送ってください!

 

(17:00)

2020年12月31日

65072


本日をもって2020年のトレーニングが終了。
1日,2日とOFFを挟んで,3日から全国大会に向けた最終調整が始まります。
年を跨いで活動出来るチームは32大学・・・新しい景気を求めて更に高みを目指しましょう。

コロナ禍での全国大会・・・年を跨いでの活動・・・
決定した時は当然,嬉しい想いはあったものの「本当に実施するのか?」「休みがなくなる」との想いも少なからずありました。
11月にシーズンを終えていた今までの我々には想像出来ない時間。
『全国大会』と言う明確な目標があったからこそ日々積み上げられた時間。
当たり前を変える2020年を象徴する時間になったと思います。
2021年に向けて,このチームにとっての目標を明確にすることの大切さを学ぶ時間ともなりました。

2020年はチームにとっても,個人にとっても苦しいシーズンでした。
我々は発展途上のチームとして,成長を求めて前に進むしかありません。
立ち止まることなく常に高いところを目指して努力を続けるのです。

矢印は自分に向け,社会から・・・チームから・・・今,何を求められているのか考えよう。
考えることを止めれば成長も止まります。
考えることで自分の立ち位置も見えて来ます。
その立ち位置が見えた時,行動が変わることでしょう。

コロナ対策・・・シーズンオフ・・・
と,それぞれが違う場所で過ごしていますが,2021シーズンの競争は始まっています。
チームは進化し続けています。
来シーズンも高い要求をすることでしょう。
なぜならば,日大サッカー部の歴史を変えたいから・・・チームの立ち位置が変わることで,選手一人ひとりの人生が変わると信じているから。

2021年,グラウンドで夢が語れるチームにしましょう。
 

(13:58)