2020年03月23日

『チームのために・・・』
我々が大切にしてきた言葉であり,多くの時間,多くの選手たちに語り掛けてきた言葉である。

チームの価値を自らが上げるために「行動」や「立ち振る舞い」で示す。
普段,時間を共にしていないグラウンドに訪れる方々が発する言葉がバロメーターになっている。
「いつもグラウンドが綺麗ですね」
「皆,しっかり挨拶してくれますね」
「カテゴリー問わず,手を抜かずに戦ってくれますね」
ようやくここまで来たか・・・と思うと同時に,次のステージを目指さねばと思うようになった。

ここ数年で確立されつつあるチームのスタイルである『パスサッカー』
それを相手に合わせた中で,どう表現するのか?

ピッチの外での『チームのために』は継続し・・・
ピッチの中での『チームのために』を体現しましょう。

90分間,切らすことなく思考を続け,対峙する相手にどう表現していくのか?
思考が無ければ,プレーだけの勝負となってしまうことは結果が物語っている。

ここ数年の・・・昨年の結果を上回るためには必須となるでしょう。
自分たちのペースで・・・
相手よりも・・・
相手を見た上で,何を選択するのかが重要になってきます。

『チームのために・・・』
をよりサッカーに特化する時期に入ってきたように感じています。
勘違いすることなく,ピッチ外は継続し・・・よりピッチ内にこの思考を傾けていきましょう。


コロナウィルスの影響は計り知れません。
色々なイレギュラーが待っていることでしょう。
与えられた時間の中で,良い準備を整えていきましょう。

すべては『チームのために・・・』
目標達成のために・・・


(13:56)