2020年06月24日

日本大学サッカー部は,新たなチャレンジを試みます!
学生主体で取り組んできた先輩たちの積み上げを更にレベルアップするために・・・
ピッチ上で自らの問題解決を実現するために・・・
チームに結果をもたらすために・・・ 

2ヶ月の活動自粛を経て多くの学びがありました。
それぞれが自分と向き合い客観的にチームを見つめる時間になったとも思います。
しかしながら,それを表現することは別のパワーが必要だと言うことを忘れないでください。
内に秘めた想いではチームに影響を与えることが出来ません。
チームの勝利のために,自分の成長のために余すことなく表現してください。

チームへの『愛』が必要です。
自分が属する組織に愛情を持って接してください。もっともっと付加価値を付けてください。
チームの一員として全力でプレイし,役割を全うし本当の意味で最高の仲間と最高の想い出をを作って欲しいと願っています。
そのためには,スタッフから与えられたものではなく自分たちで作り上げるものが必要なのです。
24時間の中で,スタッフと一緒にいるのは4時間程度・・・残りの20時間を自分たちでどのようにデザインするか?

これからのチャレンジは数人のパワーでは実現することは難しい。
新たな取り組みに皆がドップリと関わってチームに変化をもたらそう。

4年生,3年生,2年生,1年生
主将,副主将,総務,副務,学年責任者,寮長
トレーニング班,ニュートリション班,アナライズ班,フィットネス班,企画広報,運営,審判
ピッチ内外で自分を表現する場所は沢山あります。
ノリや雰囲気だけでなく,しっかりと質にこだわりを持とう。

様々な取り組みのベースには『サッカーを通して社会に出ても通用する人間になる』と言うことと『チームにかかわる全ての人が誇れるチームに』と言うことを忘れてはなりません。
社会の中の一組織であり,組織の中の一個人です。
自粛の2ヶ月で個人では何も出来ないことを痛いほど理解したと思います。
だからこそチームと仲間を大切に4年間を,一緒にいる時間を大切にしてください。

2020シーズン・・・新たなチャレンジを成功させ大きな目標を達成しましょう!


(14:49)