2020年08月17日

関東大学サッカーリーグ戦 第5節
vs立教大学0(0-0/0-0)0 分

関東大学サッカーリーグ戦 第6節
vs東洋大学0(0-0/0-0)0 分

関東大学サッカーリーグ戦 第7節
vs日本体育大学 2(0-3/2-2)5 負


3連戦・・・良い形で終わり中断としたいところでしたが残念な敗戦となりました。
『受け入れるチカラ』
本当に重要だと感じます。
相手,自分,味方,チーム・・・いろいろな要素が詰まった90分の戦い。
まだまだ,チカラでねじ伏せるだけのパワーは無いし,それを目指している訳でもありません。
相手の分析,自分たちの分析をしながら,場面場面で思考を変え局面を打開する。
ピッチに立つ11人が自立した戦いを目指しているのです。

ガツガツ来る相手には,自分たちの良いところを出せずに敗戦・・・
極めることも必要だし,思考を変えることも必要です。
ポゼッションを掲げる以上,奪われないことが重要!奪われたら奪い返すことも重要!!
勝利の可能性を引き寄せるためには,ボール保持率はかなりの割合を占めます。
ポゼッションのベースはボール保持はもちろんのこと,裏返しの「守備意識」や「守備強度」も重要だと考えます。

1週空いての第8節,上に行くか,下に行くかは自分たち次第です。
まだまだ道半ば・・・目先の勝ち負けに振り回されず,チーム作りに没頭しよう。
私の中では第一章の締めくくりと位置付けています。
関東昇格をした先輩達,関東残留をした先輩達が積み上げたベースに,その時代を知っている上級生達が積み上げる変化とは?
大いに期待しています。チャレンジを続けましょう!



コロナ禍で・・・ストレスも溜まりますね。
大会での様々な規制,大会の延期,チーム活動の制限,個々の行動制限・・・
どこに矢印を向けるかが大切だと思います。
有事の時こそ試される『組織のチカラ』や『個人のチカラ』
文句や愚痴を口にするのは簡単なことですが,コロナが終息する訳ではありません。
この期間で得られた信頼関係や取り組みは,必ず今後に生きることでしょう。

11対11のサッカーも同様です。
様々なストレスを「味方への文句」・「相手や審判への暴言」に変えていませんか?
その時点でチームとしては10対11の戦いになってしまいます。
チームのエンブレムを背負いピッチに立つ資格はないのです。

今一度,「日本大学サッカー部でサッカーを続ける意味」をじっくりと考えて欲しい。
いつも言う通り,ただただサッカーがやりたいだけの延命であればチームには不要です。
いつまでも組織やサッカーにしがみつく必要はありません。新たな目標に向かって早くスタートを切った方が良い。
社会に出ても同様です。
組織のために努力をする人間だからこそ,組織からの恩恵を受けることが出来るのです。


発展途上のこのチームを作り上げる覚悟を持った人間だけがあの階段を降りることを許される。
そう言った集団になって欲しいと願います。



(11:07)